本文へスキップ

新しい視点で活動する 
INUYAMA INTERNATIONAL ASSOCIATION

国際交流員(Coordinator for International Relations)

国際交流員紹介

犬山市に7代目となるドイツ人国際交流員が 、平成27年8月に着任しました。
彼女の名前は【ジャクリーン イヴェット・シュピーザさん】。
通訳、翻訳、国際交流イベントなどでの活躍が期待されています。
                                       

着任時の紙面インタビューは、以下のような内容でした。

Q 犬山市の印象は?
  A 綺麗な自然に囲まれている犬山。素敵な古い家がたくさん保存されている犬山。文化や歴史に溢れる犬山。
    そのような印象があります。犬山市民はいろいろ手伝ってくださって、本当にやさしいです。
    そしてわん丸君がかわいいですね。

Q 和食はどうですか? 日本の味に慣れましたか?
  A 日本食が大好きです!好き嫌いはほとんどありません。日本に来るたびに、日本食を食べ過ぎてしまって、
    体重が増えます(笑)

Q なぜ国際交流員の仕事に 申し込んだのですか?
  A 日本に留学している間に、国際交流の大事さを強く感じました。様々な国から来た方々と接したり、大学で異文    化交流についての授業を取ったりして、お互いの文化について学びました。
     そして、日本にある様々な施設を訪れて、都会や田舎に住んでいる人と関わることでいろいろな経験ができ、    とても勉強になりました。
     そういった関わりできっとまた新たな観点を得ることができるでしょう。今までの経験や知識を活かせる仕事    をしたいという希望で、国際交流員の仕事に申し込みました。

Q 日本に来てユニークだと感じた事を 教えてください。
  A ここのスペースが足りないほどたくさんあります。
     日本に滞在する時間は短くないですが、やはり今でも驚くのは日本の電車がいつも時間通りということです。    新幹線が少しだけでも遅れたら、ニュースになるのはすごいです。
     そしてマナーを守ることが大事にされている国で、例えば電車の中、とても静かです。ドイツでは考えられな    い状態です。
     また、近代の日本に便利な技術がたくさんあって、都会の高層ビルから感動する夜景が見える一方で、昔なが    らの自然や文化や伝統・技法も尊重されているところが好きです。

◆市民の皆さんに メッセージをどうぞ・・・◆
    犬山市で国際交流員として仕事をさせていただくことになって、とても嬉しいです。人々と触れ合うことが非常   に重要で、見かけたら、お気軽に話しかけてください。お互いの文化などについて教えあいましょう。日本に来る   のは初めてではありませんが、毎日新しいことを学びます。犬山で様々なことに挑戦して、友達がたくさんできた   らいいと思います。
   これから頑張りたいと思います。
   皆さん、よろしくお願いしまーす!♪

犬山国際交流協会

〒484-0086
愛知県犬山市松本町四丁目21番地

TEL 0568-61-1000

ご案内 - 犬山国際交流協会

プロフィール